カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
8月20日 閉店のお知らせとお詫び
弊社は昭和25年2月の創業以来66年間、
皆様にご愛顧頂いて参りましたが、
諸般の事情により平成28年8月20日を持ちまして
実店舗並びにインターネットショップを閉店する事となりました。

弊社の高コスト体質という構造的な問題点に加えて、
平成26年から続く牛・豚肉や諸経費の高騰を企業努力による
経費削減では吸収できず、やむなく数回に渡る値上をしましたが、
その結果として売上が減少。
このまま業務を続けると各方面に多大なご迷惑をお掛けすると判断し、
不本意ながら今回の結論に至りました。

皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げますと共に、
突然の閉店でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
申し訳ございません。

  •8月20日(土)まで通常通り営業致します。

 •商品の最終受付は8月13日(土)になる見込みです。

 •ただし、商品によっては最終日までに
  「生産終了」や「受付中止」「完売商品」が
  出る可能性があります事をご了承下さい。



平成28年6月13日
有限会社 播州ハム工業所
代表取締役 堀田 周郎


ご案内 | 10:44:37
朝生ワイド す・またん!で紹介されます。
明日1月27日(水)、
よみうりテレビの朝生ワイド す・またん!で
播州ハムが紹介される予定です。

160126.jpg
・直売店お知らせボード


どの商品が紹介されるかはまだ秘密ですが(笑)
早朝から、丁寧に撮影して頂いたので
どのように放送されるかちょっと期待しています。


 ・1月27日(水)は弊社定休日のため
  直売店と電話での受付は28日以降になります。

 ・もちろん、インターネットでは27日も
  受付していますが返信は28日(木)以降になります。


よかったら、見てやって下さいね。


朝生ワイド す・またん!
http://www.ytv.co.jp/cematin/

ご案内 | 15:05:01
ふるさとひめじ応援寄附金制度
ほりほり@堀田周郎です。
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、昨年・2015年12月25日より
ふるさとひめじ応援寄附金制度(ふるさと納税)が開始され、
その寄付のお礼の品に播州ハムの製品が選ばれました。

160109a.gif

寄附金額1万円以上2万円未満「自家製焼豚」
寄附金額2万円以上3万円未満「炭火焼きロースハム」
寄附金額3万円以上4万円未満「ロースハム・焼豚セット」
寄附金額4万円以上5万円未満「炭火焼きボンレスハム」
寄附金額5万円以上「播州ハムセット」

160109c.gif

よろしければ、この制度を利用して播州ハムを無料で獲得してくださいね。

◎ふるさとひめじ応援寄附金制度 特典商品掲載ホームページ
 http://www.citydo.com/furusato/official/hyogo/himeji/product/
 
 



ご案内 | 10:39:17
WHOの発表につきまして

 ご存じの方も多いかと思いますが
 世界保健機関(WHO)の専門組織、
 国際がん研究機関(IARC)より

 10月26日、「ソーセージやベーコンなどの加工肉について
 発がん性が十分認められ、大腸がんになるリスクがある」
 「赤身肉についても発がん性の恐れがある」

 との発表がありました。

 ・ソーセージやベーコンは大腸ガンになるリスク
 http://www.sankei.com/life/news/151027/lif1510270003-n1.html




その後の報道

 その後、10月29日に、

   「調査結果は、がんのリスクを減らすために加工肉の摂取を
   控えめにするよう奨励した過去の勧告を確認したに過ぎない

   「加工肉を一切、食べないよう、求めるものではない」

 と強調する声明が出されましたが
 最初のインパクトが強く大きな波紋をよんでいます。

 ・「加工肉食べるな」と言ってない 批判殺到でWHO
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000061592.html


 この問題について、国の食品安全委員会は、

  「この結果だけでリスクが高いと捉えるのは 適切ではない」

   「健康な食生活のためには、多くの種類の食品を
   バランスよく食べることが大切」

 との見解を発表しました。

 ・ハムなどの発がん性指摘 「適切ではない」
 http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/230547.html


 また我が国の国立がん研究センターの
 1995年から2006年に亘る研究成果においても
 「加工肉の摂取による結腸・直腸がんの
 リスクの上昇は認められない
」との報告があります。




適量をバランス良く食べる事が大切

 今回のIARCの発表は
 ハザード(危険の原因)について語られていますが
 食のリスクは、食品が有する危険度と摂取量の関係で
 決まるものであり、リスクは一様ではありません。

 また、IARCが「発ガン性がある」というグループに
 分類される物質・環境は
 喫煙、アルコール摂取、大気汚染、紫外線など多岐にわたり、
 すべてをリスクゼロで生活することは不可能です。

 ・私の大好きなお酒(アルコール摂取)が
  原因でガンで死亡する人数は、
  加工肉の過剰摂取が原因でガンで死亡する人数の
  17.6倍だとされています。


 また今回、赤肉(牛肉、豚肉、羊肉)についても
 発がん原因となる可能性が指摘されましたが

 動物性たんぱく質は鉄や亜鉛といった
 貴重な栄養素の供給源であり、
 総死亡リスクを低下させ老化速度を遅らせる上で
 大きな効果があると言われています。


 我が国の1人当たりのハム・ソーセージ・ベーコンの
 消費量は、IARCが報告書で掲げる量を大きく下回る
 ものであり、通常の食生活において発がんリスクが
 心配される対象の状況ではないと考えられます。

 ・調査結果が本当ならば
  ソーセージ大国のドイツは深刻な
  大腸がんの状況に悩まされているはずですが
  そんなことはありません。


  正しく作られたものを適量、バランスよく

   食べることが大切だと私は思いますが

    いかがなものでしょうか?





  最後に

 今回のWHOの発表に対して、弊社としましては
 正しい情報を収拾し、過剰反応することなく、
 適切に対応していきたいと思っています。
 今後ともよろしくお願いいたします。

  

ご案内 | 10:45:13
年内受付最終日のお知らせ
以下の商品受付を平成27年11月15日(日)まで
とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが
何卒、ご理解賜りますよう
お願い申し上げます。


▼オーダーメイドハム
http://www.ham.co.jp/order2.htm
年内発送分のご予約は11月15日まで。


▼グルメセット
http://www.ham.co.jp/kago2/ch-eb.htm
ご注文受付は11月15日まで。
最終発送は11月30日(12月1日~3日着)
12月1日~31日の発送日指定はできません


▼おまかせセット
http://www.ham.co.jp/kago2/ch-ba.htm
ご注文受付は11月15日まで。
最終発送は11月30日(12月1日~3日着)
12月1日~31日の発送日指定はできません
  
  

ご案内 | 07:14:45
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。