カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

トワイライトエクスプレス朝食に採用されました。
弊社ボンレスハムが
寝台特急トワイライトエクスプレスの
朝食に採用されている記事が今朝の神戸新聞に掲載されました。

150904_01.gif
--------------------------------------
JR西日本が運行している豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の朝食に兵庫県産のハムや蜂蜜が5月から採用され、乗客の人気を呼んでいる。3月までは大阪と札幌を結ぶ定期運行だったが、西日本を巡る団体専用臨時列車となり食材が地産地消に変わった。県が推奨する「五つ星ひょうご」の認定商品で、旅の魅力を高めている。(桑名良典)
 トワイライトエクスプレスは長年、札幌-大阪間で人気の高い寝台列車だったが、3月に運行を終了。5月から団体専用臨時列車として、山陰と山陽の2コースで走り始めた。新コース開設に合わせ、食堂のメニューを一新し兵庫県や瀬戸内海の産品に切り替えた。
朝食には、ブランド豚肉「姫路グルメポーク・桃色吐息」を使ったボンレスハム(姫路市)▽淡路島ポークの生ハム(南あわじ市)▽北摂の里山で採取した蜂蜜(宝塚市)-の3品が採用された。
 JR西日本に食材を売り込んだ「ひょうごツーリズム協会」のツーリズムアドバイザー鵜殿麻里絵さんは「食事は旅の楽しみの一つ。お代わりする乗客も多く、滑り出しは好調」と話す。品以外にも昼食や夕食で使いたいとの声が来ているといい、五つ星ひょうごの販路がさらに拡大する見込みだ。
--------------------------------------

トワイライトエクスプレスからは
五つ星ひょうご選定商品の
ご縁でお声がけを頂きました。(^^)

お客様の評判も上々と聞いてホッとしています。

150904_02.jpg
・トワイライトエクスプレス

150906.jpg
・豪華食堂で食べる桃色吐息ハム

150904_03.jpg
・姫路産豚で作ったボンレスハム




マスコミ | 11:08:09