カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
実はウィーンにはないウィンナーソーセージ
 
 ウィンナーソーセージと言えば
 最もポピュラーなソーセージのひとつですね。

 ところが、本場(?)ウィーンでは
 ウィンナーという名前のソーセージはなく

  フランクフルター(フランクフルトソーセージ)

 と呼ばれているのをご存じでしょうか。 (^^;;



 そう呼ばれる理由は以下の通りです。
 -----------------


 ドイツでは13世紀から
 フランクフルターと呼ばれる
 ソーセージが作られていました。

 19世紀初頭、
 フランクフルトで修行した肉屋が
 オーストリアのウィーンに渡って
 フランクフルターの類似品を作り始めました。
 
 すると、そのソーセージは
 旨い!!と評判になり
 たちまち世界中に広がっていきました。


 しかし1860年以降、ドイツ国内では
 フランクフルト以外で作られたものは
 フランクフルターの呼称ができなくなったのと

 ドイツのフランクフルターが
 豚肉のみを使用するのに対して
 ウィーン風のフランクフルターは
 豚肉だけでなく牛肉も使用したために

  ウィンナーソーセージ

 と呼ばれるようになりました。

 ・当時のドイツは豚肉屋と牛肉屋に分かれていて
  豚肉と牛肉を一緒に加工することは禁止されていました。


 -----------------

 ちょっと、ややこしい説明となりましたが
 ご理解頂けましたでしょうか?

 ちなみに、アメリカのレシピを見てみると
 フランクフルトに牛肉も使用していますし

 日本のJAS規格では肉の種類には関係なく、
 ある一定の基準で作られたソーセージには
 太さの違いによって「ウィンナー」や「フランクフルト」の
 名称を使うことができます。

  ■ウィンナーソーセージ
  羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満
  ■フランクフルトソーセージ
  豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満
  ■ボロニアソーセージ
  牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上



 ・・・ただし、これはあくまでも日本だけの規格です。

 他では通じませんのでお間違えなく。

150525.jpg


 ちなみに、生クリームを浮かべた
 ウィンナコーヒーもソーセージ同様、
 その名前はウィーンでは
 通じないそうです。

 じゃあ、なんとと呼ぶのか??

 ネットで調べたところ
 一頭立ての馬車を意味する
 「アインシュペンナー」と呼ばれているそうです。(^^

 参照元:UCCホームページ
 http://www.ucc.jp/enjoy/trivia/?no=11



うんちく話 | 12:02:42

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。