カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
好きなことを仕事にできる喜び
新年 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

         
☆☆☆☆☆


今から15年程前。播州ハムがネット通販を始めて2年位たった頃の話です。
普段は話を聞くことができない著名なマーケティングの先生の
講義を聴く機会にめぐまれました。
セミナーの冒頭でその講師から、こんな設問が出されました。

-----------------
 おいしいと評判のオーナーシェフが
 経営している有名レストランがあります。

 このレストランが事業拡大するためには
 まず最初に、何をすべきでしょうか?

-----------------

受講生からは「料理のマニュアルを作る」料理人を育成する」
「経営を補佐する人材を育成する」といった色々な意見がでました。
しかし、その先生の答えは

 「オーナーシェフがフライパンを置く

という予想外のモノでした。
事業拡大をめざすのなら料理人の立場を捨てて、
経営者にならなければいけない

・・・すごく、ショックを受けました。

当時私は、日中は現場で
ずっとハム作りをしていましたので
会社を成長させたいと漠然とは考えているが、
実はその「覚悟」が自分にないことに気づきました。

先生の話は、頭では理解できました。
 
しかし、理解はできるけれど
何か違うというモヤモヤした違和感も同時に残りました。


それから、5年ほど立った頃、
別のマーケティングの先生から
以下のような質問が出されました。

-----------------
 ふたつのレストランがあります。
 同じ値段だとしたら、
 あなたはどちらの店で食べたいですか?

-----------------

ひとつは有名シェフが経営している、全国展開しているお店です。
このシェフは以前、オーナーシェフでした。料理を作ることが悦びでした。
とてもおいしい料理が話題になって、たくさんのお客さんが
来店するようになり、お店は全国展開をしました。
店は順調に数を増やし、会社の売上も伸びていきました。

そのうち、シェフは料理を作らなくなってしまいました。

シェフは、自分の店の数が増えることや
売上が伸びること、来店客が増えること、
利益や儲けに悦びを感じるようになっていきました。

 「あ、もしかするとオレは料理を作ることより、
  ビジネスがやりたかったんだ」と思うようになりました。


もうひとつのお店のシェフもオーナーシェフです。

おいしい料理を作ることに情熱をもっています。
料理をお客さんに食べてもらい、
おいしかったねといってもらえることに
悦びを感じているシェフです。

自分の仕事が、好きで好きでたまらないのです。

そして彼は、自分の好きな「料理」で、
お客さんを悦ばすにはどうすればいいかを、いつも考えています。

どうしたらお客さんに悦んでもらえるだろう。
どうしたらやっていて楽しい店、お客さまも楽しいと
感じてくれる店になるだろう。

あまり売上とか、利益率とか、来客数とか、
前年比とかは興味がありません。
そんなに意味を感じていないからです。

でも、いつもたくさんのお客さんが
来店してくれているから、もちろん儲かっています。
お客さんがお客さんを連れてきてくれます。


 さて、どちらも同じ値段だとしたら、

  あなたはどちらの店で食べたいですか?


5年間モヤモヤし続けた違和感が
この設問で溶解しました。

  播州ハムは、後者をめざそう!

そう確信しました。
気づかせてくれた先生の名は


  藤村正宏さん(通称:スコット)


と言います。その後、
2004年に藤村さんのマーケティング塾に入り
たくさんの事を学びました。

それは1995年に阪神淡路大震災の
復興支援活動をお手伝いしながら

・人生や会社はいつ突然終わるのか分からない。
 だから、損得ではなく、
 正しいと思うこと、楽しいと思うことを実行して
 後悔のない、人生を全うしたい

とその時、感じた生き方に反しない教えでした。

その後、志を同じくする
マーケティング塾の友人、知人が
全国にできました。これは、私の宝物です。


2015年の年頭に当たり、
原点に立ち返って
もう一度、その時の気持ちを
再確認していきたいと思っています。

本年も、よろしくお願いいたします。(^^)

▼藤村正宏さんのブログ
 http://www.ex-ma.com/blog/
▼自社の商品が好きかどうか(藤村正宏さん)
 http://www.ex-ma.com/blog/archives/1809



その他 | 10:22:59

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。