カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
豚に筋肉増強剤(中国)
バレーボール・中国女子チームの監督が
ワールドグランプリ敗因として、
「選手が肉を食べていないから」と釈明し、波紋を広げています。


選手に肉出さず…中国女子バレー「敗因」で波紋(YOMIURI ONLINE)

  中国浙江省で1日まで開かれていたバレーボール女子の
  ワールドグランプリで、6チーム中5位に終わった
  中国チームの兪覚敏監督が、敗因について
  「選手が肉を食べていないから」と釈明し、波紋を広げている。



記事によると、

 中国では、豚肉の赤身増量の目的で
 筋肉増強剤を豚に投与しているが、
 これがドーピング検査に影響を与える恐れがあるため、
 選手に肉の摂取を控えさせたとみられる

・・・とあります。



そういえば以前、
養豚業をしている方から

 外国の豚(この時の話題は中国以外の豚でした)の
 脂身が少なく、赤身が多いのは
 筋肉増強剤を与えているから

という話を聞いて、びっくりした事があります。



筋肉増強剤を投与した豚肉が
人体に与える影響および安全性については、
勉強不足で私にはちょっと分かりませんが

あまり正しい、家畜の肥育方法とは
言えないと思います。


なんでもかんでも
国産が一番とは言うつもりはありませんが

国によって、判断基準(優先順位)が違うことだけは
間違いないようですね。(^^;;




PS:播州ハムのハム、ソーセージ、ベーコンは
   国産豚肉を使用しています。

うんちく話 | 18:19:04

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。