カテゴリ
最新記事
プロフィール

ほりほり

Author:ほりほり


堀田周郎(ほりたのりお)
1958年・姫路市生まれ。B型。
播州ハム社長・・・・と言いましても、従業員20名余りの小さな会社ですので 製造から営業、そしてWebマスターと色々やっています。
大江工場長と共に創業以来のドイツ式製法に、欧米各国の製法研究や各種研修の成果をアレンジして日本人の繊細な味覚に合うハム・ソーセージづくりをめざしています。

この日記では、日々の出来事やお店からのご案内をお伝えしていきたいと思っています。

播州ハムHP
自己紹介詳細
お問い合わせ

こちらでも日記を書いています。
てんこもり日記
楽天日記

月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ユッケ食中毒に関して思うこと
焼肉チェーン店でユッケが原因と見られる
腸管出血性大腸菌・O111による集団食中毒が発生。
不幸にも4名の死者が出てしまいました。


腸管出血性大腸菌(O111やO157等)は
短時間の加熱で死滅する一方
少ない菌数で発症するので注意が必要です。

 ・特に、内臓肉と生食肉(ユッケ、レバ刺し等)を
  同じ調理場で処理する場合は、食品衛生に関する
  知識と十分な注意が必要だと思います。

 ・ハンバーグや安価なステーキで人気の成型肉も
  肉の表面についた菌が内部に入り込む可能性があるので
  生焼け(レア)を食べるのは控えた方が良いと思います。


 
肉の生食は
牡蠣(かき)の生食同様に、

衛生基準を満たしたものを
信頼のおけるお店で、自己責任で楽しむ、
というのが正しい姿だと思います。


日本には
魚の「刺身」の食文化があるため、
何でもかんでも
生食を好む傾向がありますが、

今回を契機に
少し見直しても良いのではないでしょうか。



▼追記

ちなみに現在、
生食で食べて良いのは指導基準に基づいて処理された
牛と馬の肉・レバーだけです。
(その他の肉を生食する場合は自己責任となります)

また、"天然"の川魚は寄生虫のリスクがあるので
刺身では食べない方が良いと私は思います。

その他 | 09:02:40

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。